はり・きゅう処 葵

カラダの不調や健康に関する疑問&豆知識など発信しております(^o^) 宮崎市花ヶ島町観音免946番地2 TEL 0985-26ー0080 受付時間10:00~20:00(前日予約で21:00) 定休日 月曜日  不定休 日曜日

妊活というと第一にあげられる冷え性対策
重ねばきくつ下、腹巻き、ショール。冷えとりグッズもいろいろ紹介されていますが、これから夏を迎え乗り物もビルの中もクーラーがきいているため妊活中の女性のカラダは、今では夏こそ冷えとり対策が必要とされています。
そこでおすすめなのが白湯白湯
白湯は一旦沸騰させたお湯をさましたもの。
一旦沸騰させ少し時間をおき、そのまま自然にさまして少し熱いくらいの50℃〜60℃になったら少しずつ飲むのが白湯の飲みかた。白湯を飲むことでカラダの中に体温よりあたたかい飲みものが胃腸に届き、ほんとにカラダの中からあたためます。



白湯で内臓をあたためると消化機能が目ざめ、栄養が卵子をつくり出す卵巣に十分届くために妊活環境を改善できます。

又、老廃物を排出する働きがあるため、カラダの新陳代謝を促進させることも白湯の効果なのです。

朝起きて最初に口にする一杯の白湯は胃に負担をかけることなくカラダを内から目ざめさせる効果が妊活には特におすすめなのです。

また、直接お腹を温める『枡灸』や腰からダイレクトに筋肉の温度を上げ内臓まで温める『灸頭鍼』も期待できます。
1530571916526

DSC_0968





胎児の頃には500万個も用意される卵子ですが、生理の始まる頃には20~30万個になっています。そして毎月の生理のたびに数百個ずつ減少していきます。

驚き








毎月の排卵に備えて卵胞刺激ホルモン(FSH)の指令で数十個から数百個が目をさまし、成長をはじめます。しかし、この中で排卵までこぎつけることができる卵子は一番成長の早かった一個だけ、残りは自然に成長を止め、卵巣の中で吸収されます。




20代では最初に用意される卵子の数は数百個ですが加齢に従って毎月目をさます卵子の数はどんどん減少するため、排卵にまでこぎつける卵子のクオリティの低下もおこってきます。
しかし日々の生活に気をくばることでこの卵子品質は向上させることも可能です。

毎月の生理周期を規則正しくし、排卵をうながし卵胞を成熟させるホルモンバランスをととのえることが大切。朝起きて夜は眠るという生体リズムにあった睡眠こそが卵子品質向上につながるのです。

頚や肩の緊張が強いと不眠や自律神経の乱れにも繋がりますので定期的なケアも大事になります。

1530571912270




「妊活基本のツボ」というのは、女性にとって大切なバイオリズムをととのえるツボです。

女性のカラダには男性と違って毎月毎月赤ちゃんを迎える準備という大切な役割があるため、女性は心もカラダも外からの刺激ストレスに弱く、ダメージをうけやすいのです。
ストレス



妊活にとって一番大切な月経周期は、排卵を促すエストロゲンと卵子の成熟を促すプロゲステロンという2つの女性ホルモンの微妙なバランスによって安定します。女性にとって大切なバイオリズムとは、この2つのホルモンによって生まれるため、ホルモンバランスをととのえることはとても大切なのです。
東洋医学では女性のホルモンバランスは脾、腎、肝の働きを整えることが大切としています。

「妊活基本のツボ」である足の三陰交は、この脾、腎、肝のそれぞれの機能を持つ三つの経絡が交わっているところから女性のツボとも呼ばれ、妊娠力をアップするツボとしてとても大切なツボなのです。三陰交

↑このページのトップヘ